フェロモンの情報集め

Pheromoneフェロモンとは、ギリシャ語のPherein(運ぶとHormao(刺激する)を合わせてできた言葉です。元々動物や昆虫では雌が雄を誘引し、交尾するために放出する外分泌物のことです。一般には異性を引き付ける匂いの成分と考えられます。この成分は大きく「リリーサーフェロモン」と「プライマーフェロモン」の二つに分類されています。

簡単に説明しますとリリーサーフェロモンは主に情報伝達の意味で使われます。中には性フェロモン、道標フェロモン、集合フェロモン、警報フェロモンなどがります。それぞれ、異性を探す、交尾を求め、仲間の集合、警告などの情報が入っています。
プライマーフェロモンは受容した個体の内分泌系に影響を与えるものである。例えば、女王蜂が死ぬと、このフェロモンが発せられなくなるので、生殖能力が強いメスが、新たな女王蜂に君臨することがあるとか。

最近は研究が進み、人間にもフェロモンが存在することが分かりました。たとえば、女性の方で、友人が生理になった時に自分も生理になってしまいました。本人に影響を及ぼし、無意識に生理が同調しました。鼻の中の、鋤鼻器官というところで受信されていますが、これは普通に私たちが匂いを感じる場所とは違う場所らしいです。フェロモン香水はこの鋤鼻器官からの信号が脳にまで伝達し、無意識で人間の行動に影響を与え、異性を惹きつける、性衝動を引き起こします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です