人生は、二、三のフェロモン系アロマ事しかわからない

私覚えは『読者』雑誌で見てこんな言葉:二十歳になったら、故郷や外地同じ;30歳は後で、昼と夜のように、四十歳以降、学歴があるような……これは一言で,生命、あるいは生活は段階的な特徴のあることを説明します.実は人の一生はすべての道理を理解する必要はなくて、ただ1つの2つの話がわかります.私たちは呱呱から命の旅を始めて、学んで、学んで、文化、学んで生活を学んで生活を学んで、本当に生活と生活の人の生活の人は一体どのくらい知っているか?

は、ほとんどの人が二十歳から基本的に、基本的には基本的な闘争,あるいは、アルバイト、または創業も忙しい、何ですか?生活、いい生活;30歳は後で、何人かの人は成功した、ある人は社長にした人もいたかもしれないかもしれない、平平凡々;四十歳は人生のピークは、人生の境、成否の基本になって分かる、この時の人は生の旅はあなたの腕前で、これは私の人生を討論の問題がわからないのは多すぎて、わかりひとことだけでいい.

は習った二兎を追う者は一兎をも得ずの道理、しかしある人は何もほしい、最終的に箸も持たぬ丸焼き手ぶらで;学ぶお愛幼親孝行をして、しかしいつも人に目上を目上と思わない愛犬に手を噛まれる軽蔑され、最終的に難しい故郷に帰ります;私達はまだ習って人民を愛する祖国を愛して、しかしある人损公肥私汚職腐敗、最終的に千夫所指恥の上の損;私達はまだ習って誠実に信用を守って教師をする、しかしある人台で堂堂、台の下で鶏鳴狗盗、その結果は推して知るべし.一部の人はお金がなくて生活の如意がないことがありますか?原因は1つだけある、意味不明に生活がわからない.いくら博識のは才能が非凡であるに関わらず、お金も富可敌国、最も基本的な点は明らかに生活の内包と身を処して下さえもしあなたの最も基本的な礼儀道徳破廉恥もない、更に高い学問は、多くのお金を何に使いますか.人生には、あまりにも多く、理解する必要がある、ということは、本当に人の一両としては、できることを理解することができます.

昔は、人として、人の老い、幼名、そして人の幼さ、数千年前の古人には、これほどにも厚い仁愛の心、まして生活は高度先進文明社会きょうのきょうの私たちにとっても,フェロモン系アロマ、それが生活している.これは教育の悲しみだと思う.今の子供は補習授業を補習しているほか、先生は教室で何か教えていることも知らない.九年の義務教育は授業料を免除して、しかし私達はますます上になりません、だんだん聞いて、先生は何を教えていました.師から、传道受业惑惑もできない以上、職位を占めながら仕事しますか.

社会経済の発展、人間性の道徳は退化して、邓公当時両手でつかむの方策は英明、殘念ながら片手落ちました!もし師たる者、できる传道受业惑、社会と自然が教師を尊重する;もし役職者がまず世界を心配、社会は自然清明廉潔;私達の古人は二三千年はそのスーパーマンの境界で、今日出て教育と醒世後代の人も過言ではない、もしかして>