啓蟄前後老人はどのように養生しますか?

啓蟄意為天気が回復し、春雷始鳴き、地下に驚いて目を覚まし蟄伏冬眠の昆虫.啓蟄の節気は、毎年3月4日~7日に毎年3月4日に.2015年の啓蟄は3月6日、旧正月十六.啓蟄前後天気が暖かくなりますし、漸く春雷が現れ、雨が多く、平均気温じゅうろく℃に達することが―じゅうはち℃.は気候が暖かいが、曇って冷たいれ、昼夜の温度差に寒い.高齢者の啓蟄摂生法啓蟄前後、老人の服はゆったりして、また保温、急いで脱冬服を減らして、特に注意下半身を着て多めに風邪を引く風邪.草木が縦横に舒啓蟄、太原で乾燥した気候は乾燥しやすいし、人口舌咽頭痛音がかれて、いくつかの細菌の活動を開始して繁殖して、呼吸道の疾病を患いやすい表現も咳、たん.加えて冬は辛を食べて熱食品が多くなって、うつの热毒啓蟄後に外へ発散は、食べて甘涼のものが滋陰.だから、啓蟄の季節に梨を食べる必要があります.梨、性は冷たくて、味の甘、養陰解熱、利咽唾液を分泌して、肺を潤すことを去痰の効果で、かつ豊富なフルーツ酸、ビタミンなどを含む.梨の食べ方はたくさんの種類があります.刺身、蒸し、焼き汁を搾って、あるいは水煮、特に氷砂糖梨を蒸して、咳はとても良い効果を、そして制作簡単に、普段からそのとデザートを食べ、咳の患者はまだ食用蓮子、ビワ、羅漢果などの食べ物の緩和の病.啓蟄を食べる必要があるため薄い食品啓蟄後の天気は明らかに温暖化だけでなく、いろいろな動物の活動を始め、微生物を含む(が病気を引き起こすの細菌、ウイルスの生長の繁殖)が始まるので、人々が必要とされる飲食の養生、体質を増強を防ぐ菌やウイルスに襲われる.啓蟄の節気は伝染病の多い日、季節性の伝染病の発生、多く食べて、もち米、胡麻、蜂蜜、牛乳、豆腐、魚、野菜、サトウキビなど.ビタミンの生理の機能は人体に対して重要な作用を持って、特にビタミンcの摂取が明らかに高まり人体の病気への抵抗力、ビタミンcが豊富な食品:ラディッシュ、唐辛子、ピーマン、ゴーヤーなど.